面白き世をよりおもしろく ビッグウェーバーの軌跡

この世はおもしろいことであふれています。たくさんの人たちと一緒に面白き世をよりおもしろくしていきます!!ビッグウェーバーとは 面白き世をよりおもしろくする人。 世の中の面白くする中心人物。まさにビッグウエーブをこのブログで起こしていきます!!

自分を客観的にみる方法! ジョハリの窓とRPGを用いて

今日ふとおもった!!

ドラクエ8をしたいと!

理由はわかりません(笑)

 

ゲームを二時間遊びで行う→その感想を書く→それを続ける

のもありかなと思ったり…

 

そんな記事誰が読むんだよと言われると思いましたが、自分が読み直すそれくらいの考えでやろうかやらないか迷い中です。

 

ではそっからいろいろ連想して、記事になるかも思い書きました。

本題に移っていきたいと思います。

 

自分のことって客観的に見れない

当たり前のことですが、自分のこととなると急に周りが見れなくなる時ありますよね。

 

ジョハリの窓をご存知でしょうか?

 

①自分 他者 両面から見える自分

②自分に見えて、他者には見えない自分

③自分では見えず、他者からも見えない自分

④自分 他者ともに見えない自分

 

の4側面があります。

だから、他己分析って必要だと思います。

客観的に見えなくて仕方ないんです。

 

客観的にという視点は大多数に当てはまること視点だと自分は考えてます。

客観的にみるときに、すごいお金持ちの立場でみても客観的に見れてるって言いません。

相手から見ての自分っていうのは相手も十人十色ですから、十人十色の味方ができますよね

 

主観的というのは自分過去の経験、環境が自分フィルターがかかってしまう見方だと思います。

 

でも自分のこと自分がよくわかってますし、自分をみるときは客観的に見なくてもいいかもしれませんね。

 

少しでも客観的に自分を捉えるためには

 

タララタッタッター

あるRPGで使われるレベルアップの効果音です。

 

RPG(ロールプレイングゲーム)は自分何かの役割になりきって物語を進めていくゲームですよね?

 

あれがおもしろいのってレベルが見えるからじゃないですか?

 

経験値という数字を使って、それがたまればレベルが上がる。

レベルが上がると強くなって物語が進みやすくなります。

 

体力が減ってきたなと数値を見れば、回復薬も使えばいいですし、あとどのくらいで相手を倒せそうかも見えやすい。スキルをみれば自分のタイプもわかります。

 

でも、現実世界では、自分は果たして成長しているのか?むしろ後退してる?

自分の個性って?長所は?短所は?

 

あとどれだけ壁を乗り越えないといけない?

さまざまな不安、疑問が浮かぶと思います。

 

だから適当に数値化するのもありだと思った。

 

けーすけはブログを書いた。文章力が1上がった

けーすけは上司に怒られた。気力が0になった。目の前がまっくらだとか

ナレーションする自分がもう一人僕的存在になれば、グーと凝り固まった視点が開けるかもしれない。

 

ちょっと他人事にしてあげると気が楽になるかも

 

では今日はこの辺で。

この記事によってけーすけはビックウェーバーのスキルが2上がった。

 

面白き世をよりおもしろく